「殺しのリハーサル」(作:刑事コロンボの原作者)ピュアーマリーが舞台化(林与一、山本みどり、倉石功)。会場:キンケロ・シアター

公演ファイル
フェイスブック ミステリーの部屋 会社概要 お問い合わせ

満員御礼


「殺しのリハーサル」は無事千秋楽を迎えました。
スタッフの皆様、全てのお客様へ、心より御礼申し上げます。



チケットのご予約はコチラ
7,000円(税込・全席指定)


「殺しのリハーサル」とは

あの「刑事コロンボ」を生んだ名コンビ
リチャード・レビンソンとウィリアム・リンクの傑作
世界中の、ミステリーファン、
演劇ファンを魅了してやまない必見の舞台!!

「刑事コロンボ」の作者、リチャード・レビンソンとウィリアム・リンクが、
1982年に、ベテラン俳優、ロバート・プレストンを主役にテレビ映画として書き下ろした知る人ぞ知る傑作!!

日本でもNHKで「刑事マッカロイ 殺しのリハーサル」と題して放送され反響を呼びました。

誰もいない劇場から物語は始まります。現実と回想がスポットライトの中で速やかに交錯し、次々と推理せざるを得ない、
論理的かつ捻りの効いたセリフの数々が高揚感を掻き立て、衝撃のクライマックスへ。

物語の舞台は「劇場」、実力派俳優たちが繰り広げるバックステージ物語、ミステリーの醍醐味を存分に味わえる娯楽傑作です。

ストーリー

ブロードウェイのとある劇場。
誰もいない寂しさ漂う客席に姿を現す、劇作家アレックス。
丁度その日は、恋人であった女優、モニカの一周忌であった。

一年前の今日、彼女は結婚発表を目前に、自らの主演舞台初日に謎の死を遂げた。
彼女の死後行方をくらましていたアレックスは、この日、昔からの仕事仲間であり、
あの舞台の関係者であったプロデューサー、演出家、舞台監督、男優、女優等をこの劇場に招集していた。

次々と登場するかつての芝居仲間たちとの再会。
しかし皆、実は今日ここに呼び出されたことを訝しんでいた。

自殺と処理された女優の死を、殺人事件だったと確信するアレックス、
真犯人は必ずこの中にいる、これは、それを暴くための「殺しのリハーサル」であった。

 

キャスト


スケジュール <12月> 

         ★12/24 19:00 クリスマスプレビュー公演 6000円!!      

チケットのご予約はコチラ
7,000円(税込・全席指定)


会 場 :中目黒・キンケロシアター
 

中目黒 キンケロ・シアター
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-15-11
東急東横線・地下鉄日比谷線「中目黒」駅下車徒歩8分
TEL.03-3496-1138


中目黒・キンケロシアターのHPはこちら


Yahoo!地図で見る


| 特定商取引表示 | 公式ブログはフェイスブックに統合させて頂きました | 会社概要ダウンロード |

(C) Copyright pure marry ALL Rights