公演ファイル
フェイスブック ミステリーの部屋 会社概要 お問い合わせ

名探偵ポワロ〜ブラックコーヒー〜
 名探偵ポワロ
 〜ブラックコーヒー〜

「ブラックコーヒー」は、1930年12月8日ロンドン、スイスコテッジのエンバシー劇場で初演された。アガサ・クリスティーが初めて書いた戯曲である。その2年前に、小説の「アクロイド殺し」が「アリバイ」というタイトルで、他の劇作家によって脚色され上演されたが、クリスティーの意に沿わず、自ら初めて戯曲として書き下ろした。舞台はロンドン郊外の科学者クロード・エイモリー卿の邸。エイモリー卿が発明した原子爆弾の化学式が盗まれたという設定で始まる。実際にもこの時代、ドイツを始めヨーロッパの列強国は大量破壊兵器として、新型爆弾の研究に血眼になっていた。イギリスの物理学者アーネスト・ラザフォードは、原子核反応を世界で初めて人工的に起こすことに成功、1908年にノーベル化学賞を受賞し、その後「原子物理学の父」と呼ばれた。しかし、まだ原子爆弾の発明にまでは至っていなかった。クリスティーは、このラザフォードをエイモリー卿のモデルにしたと思われ、芝居の中で、原子爆弾の発明者と化学式をこの世から抹殺した。しかし、その15年後の1945年、原子爆弾は日本の上空で現実のものとなった。(演出家の言葉より)



アガサ・クリスティー
翻訳 保坂 磨理子
演出 佐竹 修



名探偵ポワロ ブラックコーヒー
初演の舞台より
名探偵ポワロ 登場

ロンドン郊外に居を構える
著名な科学者エイモリー卿の邸で行われた
平穏な晩餐会
食後のコーヒータイム
卿が意外な事実を明かし
来客たちに異様な緊張感がはしる
「邸内にいる何者かが夕食前に金庫から極秘書類を盗み出した
今から部屋の灯りを消している間に書類を返せば 罪には問わない」
しかし再び灯りがついた時 卿は息絶えていた
混乱のさなか
卿が書類の捜索を緊急依頼していた
名探偵ポワロが到着
大勢の前で卿の死を演出した大胆な犯人は・・・?




三波豊和

三波豊和

貴城けい

貴城けい

内海光司

内海光司

榛名由梨

榛名由梨

倉石 功

倉石 功

 
津田英佑

津田英佑

川口啓史

川口啓史

大嶋守立

大嶋守立

村國守平

村國守平

牧勢 海

牧勢 海

安倍康律

安倍康律





★2009年1月〜2月
「名探偵ポワロ」〜ブラックコーヒー〜
作:アガサ・クリスティー
演出:佐竹 修
翻訳:保坂 磨理子
出演:三波豊和、内海光司、片岡暁孝、山崎美貴、木嶋守立、川口啓史、平田朝音、藤原啓児、伊藤 順、池田 良、秋山実希、茜澤茜、倉石功    
博品館劇場(東京)

「名探偵ポワロ」〜ブラックコーヒー〜2013公式サイト (三越劇場)

名探偵ポワロ ブラックコーヒー
名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー
名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー
名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー
名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー 名探偵ポワロ ブラックコーヒー


| 特定商取引表示 | 公式ブログはフェイスブックに統合させて頂きました | 会社概要ダウンロード |

(C) Copyright pure marry ALL Rights